本文へ移動

スタッフブログ

スタッフの旅レポート ~島根・松江~

2022-07-25
こんにちは!


先月、友人と2人で松江と出雲大社へ1泊2日の旅行に行ってまいりましたので、久しぶりに旅レポートをお届けしたいと思います!


今回は1日目に行った松江編です。



まずは姫路駅から岡山駅までは新幹線こだまで(のぞみ・ひかりよりも安かったので)、岡山駅から松江駅までは特急やくもでトータル約3時間半の道のり


今回はレンタカーを使わなかったので、まずは大きな荷物を何とかしようと、JR松江駅からバスで20分ほどかけて一畑電車の松江しんじ湖温泉駅。小さい荷物用のロッカーもありましたが、大きい荷物は駅窓口で一つ500円で預かって頂けました


そのあと15分ほど歩いて京店商店街へ。
お堀沿いにある商店街で、石畳が敷かれたのどかでおしゃれな雰囲気でした
そして松江のそばに広がる宍道湖の名物と言えばしじみ!ということで、お昼にはしじみ丼としじみ汁を頂きました!これがとっても美味しくて、次に松江に行く機会があればまた食べたいなと思うほどです


お昼を食べた後は歩いてすぐのカラコロ工房へ行きました!
カラコロ工房は昭和初期に建てられた旧日本銀行松江支店の建物をそのまま利用しており、現在は飲食店や雑貨店などがあるほか、手作り体験なども行っている場所です。
そして私が行った時には、テラスがカラフルな傘で彩られる「縁雫アンブレラスカイ」が開催中でした!
毎年梅雨の時期に開催されているようです


そのあとは「ぐるっと松江堀川めぐり」を体験してきました!
松江城の周りをぐるっと囲んでいるお堀を、船頭さんのガイドを聞きながら小舟に乗って一周します。一周約50分のコースですが、乗り場は3カ所あり、乗船券を買えば1日乗り降りし放題なので、移動手段として使うのもおすすめです!

私はカラコロ広場乗船場から塩見縄手のそばにあるふれあい広場乗船所まで、全体の3分の2ほどのコースを移動も兼ねて乗りました。
船からも松江城の天守を望むことが出来、昔の武士達はこんな景色を見てたのかななんて思ったり(松江藩主に仕える武士たちはお城の周りに住んでいたので、お城から屋敷まではお堀を舟で移動していたらしいです)、途中橋の下をくぐるのに船の屋根が下がると自分も屈まなければならないので、その時には他のお客さんからも「おぉ~」といった笑い声が漏れていました。
また両岸に咲いているアジサイがちょうど満開の時期を迎えていてとてもきれいでした。


ふれあい広場乗船場で船を降りて、5分ほど歩いて塩見縄手へ。
塩見縄手はかつて中級の武士の屋敷が並んでいた通りで、今も城下町らしい佇まいが残されています。
通りには武家屋敷や作家の小泉八雲記念館などの見学施設のほか、カフェやお蕎麦屋さんが数件あり、ゆったりとした時間が流れていました。
私は武家屋敷の見学とカフェで休憩もして1時間ほどの滞在でした。


松江観光は以上で、バスで松江しんじ湖温泉駅に向かい、一畑電車で約1時間かけて宿泊先の出雲へと向かいました。この一畑電車は宍道湖北を湖沿いに走っていて、車窓から宍道湖を眺めることが出来ました。2両編成の小さい車両で、のどかな景色を見ながらのんびりと向かう感じがなんとも心地よかったです


松江は見所がコンパクトにまとまっていて見て回りやすく、今回車がなくても十分に楽しむことが出来ました。また街のいたる所に縁結びの願掛けスポットがあるので、女子旅にもおすすめです!


次のブログでは出雲大社編をお届けします。

しじみ丼
カラコロ工房
縁雫アンブレラスカイ at カラコロ工房
堀川巡りのアジサイ
塩見縄手の武家屋敷
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
株式会社国際旅行
〒671-1227
兵庫県姫路市網干区和久478-1 
アサヒビル1F
TEL.079-273-2421
FAX.079-274-4771
◆営業時間◆
平 日 09:30 ~ 18:00
土曜日 09:30 ~ 15:00
日曜・祝日:定休日
TOPへ戻る